結婚してから特に意識した『マネー』

スポンサーリンク



来月で結婚して丸二年になります。

夫と結婚する前までは、
毎週のように外出&外食費で出費がかさばり
全く貯金が増えませんでした。

 

独身時代は、むしろ浪費家!?

私は元々貯蓄グセのある人間でしたが、
30歳前後は仕事に夢中になりすぎ、

 

食費=外食費100%

 

という有り様。

収入額も支出額もほとんど気にかけないように

なってしまいました。

意味もなく、洋服や雑貨を買うこともしばしば。

 

27歳で400万円あった貯金も

気づけば半分も残っていませんでした。

 

そして「将来の夫」といえば・・・

 

貯金はおろか、

 

なんと

 

40万円の「借金」持ち。

 

・・・これでは、結婚式も挙げられなければ、

将来子どもを生み育てるなんて到底できません。

 

結婚式、あきらめる・・・??!

そんな二人が「両家顔合わせ」を終え、
いよいよ「結婚」に向けて事が進んでいくと・・・

 

双方の両親から

挙式の有無を問われるようになります。

 

私の貯金は200万円弱。

夫はマイナス40万円。

 

むしろ結婚してから、あらゆることにお金がかかるので

 

私はいつしか

 

「結婚式は挙げなくていいかも・・・。」

 

と思うようになっていました。

 

幼い頃からの憧れ、

ウェディングドレスを着ての結婚式。

 

婚約時33歳になっていた私は、

いつしか現実しか直視できなくなっていったのです。

 

ともあれ、まずは二人で「貯金」を!

結婚式を挙げようが挙げまいが、
とにかく我々に大切なのは、

 

「意識して貯金を習慣化すること」

 

です。

 

お互いの銀行残高の開示や

光熱費や通信費の見直し

自炊を始める

 

など、支出の項目を一つ一つ

洗い出すことから始めました。

 

⇒詳しい「マネーの見直し」については

近日UP致します。

 

 

 

スポンサーリンク