結婚式を挙げた経緯

スポンサーリンク



去年のちょうど今頃、

私たち夫婦は、結婚一年を目前に

結婚式を挙げました。

 

最近は、

入籍⇒挙式

という方が多いように思います。

実際結婚して思いますが、
結婚する二人は、どちらもフルタイムで働いている方が
多いと思います。

 

まずは籍を入れて、

一緒に生活を始めるなかで、

挙式をするかどうかを決める。

または、挙式の準備を進めていく

 

ということが多いようです。

 

諦めかけていた挙式・・・

結婚当初から、我々夫婦には
結婚式を挙げる資金などとても無いことを
思い知らされていました。

 

夫には少々の「借金」もあり、

二人の資産は決して多いほうではありません。

 

そんなことなら、

 

もっと独身時代に貯金をまじめにしていれば良かった・・・と

 

後悔する毎日でした。

 

結婚式、どうしよう。

挙げたいけどお金がもったいないなぁ。

 

むしろ結婚したからこそ

「お金」が必要だし。

 

それに、結婚式準備が

すごく面倒くさそう・・・。

 

子どもの頃から

ウェディングドレスを着ることに

ずっとずっと憧れていた私は、

もはや現実しか直視できなくなっていました。

 

・・・

 

しかし、そんな我々の元に
夫の両親から「朗報」が届きました。

 

義理の両親は長期間、
「互助会」に積立をしていました。

その「互助会」の提携先には
いくつかの結婚式場があります。

そして、なんとその結婚式場で挙げるのであるなら、
義理の両親の積立金を全額
我々のために充ててくれる、ということだったのです!

 

会場即決定!!

何よりありがたかったことが、
その提携先の結婚式が

 

・自宅からわずか1kmに位置すること
・自分が知っている式場
・都内でも人気の式場

 

ということでした!

そんなにうまく条件って揃うでしょうか?!

我々夫婦は、下見をする前から
ほぼ心に決めていました。

そして下見見学に行きましたが
コーディネーターの方が
若くて、はつらつとしていて
とても好印象。

お金があまり無い我々でも
予算を提示し、細かくご相談をし、
この結婚式会場に決めました。

何よりも、
いくつも結婚式会場を周る手間がはぶけたことが
私たちにとっても大助かり。

あとは、「予算」とたたかっていくことで
およそ半年の結婚式準備が始まっていきます。

スポンサーリンク