晩婚でも、お嫁にいけた身内話。

スポンサーリンク



私は今年で36歳になりますが
同い年「既婚率」
体感で70%前後ではないか、と
思っています。

ということは、まだまだ30%の方は

独身ということなんですね。

 

私は34歳でお嫁に行きましたが、

周りを見渡すと、

そこまで遅くない・・ということにも

気づかされました。

 

ton-tonの身内はそもそも「晩婚女性」が多かった!!

34歳でお嫁にいきましたが、

正確にいえば34歳と3日。

4日前に入籍していれば、ギリギリ33歳だったのですが

まぁ、33歳も34歳も大差ありません。

(女性にとってはこの一年の違い、大きいですよ!!)

 

さて、無事に私もお嫁に行け、

両親も弟も親戚も、皆一安心のようです。

 

 

しかし、冷静に身内を見てみると

 

あれ、

みんな私より「年上」!!?

 

 

その1:義理の妹は私より6歳も「お姉さん」!

まず、私の弟がずいぶん前に結婚しました。

そのお相手、のちの私の義理の妹が

まさかの「超年上」だったのです!

 

私より6歳年上!

弟よりも8歳年上!

 

めちゃくちゃ驚きました!

 

当時の彼女の入籍時の年齢は34歳。

奇しくも私と同じです。

 

その2:いとこの奥さんも年上!

半年前に私の従弟が結婚しました。

 

まさかの年上にびっくり。

お相手は、私と生まれた年が同じ。

(早生まれのため、学年では私の一学年先輩です。)

 

彼女の結婚時の年齢は35歳です。

 

その3:叔母は40歳で結婚&出産

ちょうど20年前ですが、
なかなかお嫁に行かなかった
母の妹。

ようやくつかんだ幸せ。

 

まぁ、何歳でも結婚できたのですから
姪っ子の私としても心底喜ばしいことでした。

 

一生結婚しない!??

ここまでは、結婚した身内の話。

 

ここからは・・・

 

その1:生涯独身の大叔母
祖母の妹はどういうわけか
一度も結婚していません。

今82歳ほどですが、時代的にも
かなり風当たりが強かったと思われます・・・。

 

祖母には姉が二人いました。

つまりその大叔母からすると、
姉が3人いることになります。

実は祖母を含めたその姉3人は

 

全員、一度離婚しています。

昭和のはじめの話ですから
なんとも波乱万丈ですよね。

 

ちなみに3人とも
2回づつ結婚しています。

なんとも・・・(笑)。

もしかすると大叔母は
姉たちの苦労をずっとずっと見てきたからこそ
無意識に結婚を遠ざけていたのかもしれません。

 

その2:「結婚しない宣言」の夫の姉、41歳
もはや夫も義理の両親も
お義姉さんの結婚をあきらめているようです。

さすがに40歳を過ぎてしまうと、
周りも言うに言えなくなってしまうようです。

 

しかし、今は2016年ですよ。

 

世の中、結婚以外の選択肢が
あまりに多いんですよね。

 

ですが私も夫も「義理の兄」がほしいです。

 

夫の姉が、いつか価値観を変え
隣に誰かがいる、という幸せを実感してくれたらと
陰ながら願うばかりです。

スポンサーリンク