魅惑のフィギュアスケートシーズンがやってくる!

スポンサーリンク



夏のリオデジャネイロオリンピックはかなり湧きました。

毎日のメダルラッシュに湧き
とても「熱い夏」でしたね。

リオオリンピック閉幕!たくさんの感動をありがとう!
リオオリンピックを振り返る結果・メダル数金:12個銀:8個銅:21個合計:41個気付けば日本はメダル30個どころか、40個超えできる国になっていきました。アテネ(2004年):...

気が付けば、気温はグングン下がり
一気に秋の雰囲気が増しています。

私は秋と冬シーズンが少し苦手ですが
逆に嬉しいシーズンでもあります。

冬の人気スポーツといえば、
今や「フィギュアスケート」ではありませんか。

夏のオリンピックが終わって「リオロス」になっている方も多いようですが
今度は

羽生くん、真央ちゃんのシーズンがやってきますよ!

レジェンドスケーター

私がダントツで好きなスポーツは
何を隠そうこのフィギュアスケートです。

今となっては国民的人気スポーツですが

私が子供の頃はまだまだマイナーでした。

伊藤みどりさんが活躍していたものの
その後は目立った選手はしばらく出てきませんでした。

伊藤みどり

アルベールビルオリンピック 銀メダル(1992年)

私たちよりも上の世代の方は
「フィギュアといえば、伊藤みどり」な世代だと思います。

私も子どもの頃は、よくみどりさんのスケートを
テレビで見ていました。

しばしばコマーシャルにも出ているくらいの
国民的アスリートでしたよね。

荒川静香

トリノオリンピック 金メダル(2006年)

ご存知の荒川静香さん。

私は当時、五輪を生中継で見ていました。

あの「トゥーランドット」を見ながら
静かに涙がこぼれてきました。

あんなに美しいスケーターが
日本にいることがとても誇らしいと思った瞬間でした。

本田武史

世界選手権 銅メダル(2002年,2003年)

ソルトレークシティー五輪は惜しくも4位でした。

男子初のメダル獲得に、
あと一歩のところまで、日本男子を引き連れました。

しかし本田選手は
四回転ジャンパーとしてとても有名です。

今では当たり前の男子の四回転ですが、
今から10年以上前にひとつの演技で4回転ジャンプを
なんと3回も飛んだのだそうです。

本当にすごい選手ですよね。

また、五輪などの解説者として今は大活躍。
個人的には一番上手だと思っています♪

村主章枝

GPファイナル 金メダル(2003年)
世界選手権 銀メダル(2006年)

私が一番好きな選手は、この村主章枝選手です。
年齢も同じでずっと応援し続けてきました。

表現力でこの選手を上回る方は
なかなか出てきません。

あの荒川選手が金メダルに輝いたとき
彼女は惜しくも4位でした。

本来、実力のうえでは
少し村主選手のほうが上回っていましたから
正直なところ、複雑でしたよね。。。

高橋大輔

バンクーバーオリンピック 銅メダル(2010年)

男子フィギュアの快挙!
日本人男子初の五輪メダリストですね。

「大ちゃん」として
マダム達から未だ、支持が高い世界のスケーター。

トリノ五輪では
「ガラスのハート」と言われ

チャラい
本番に弱い

など、あまり良いイメージをもたれていませんでした。

しかし彼はわずか4年で
世界屈指のスケーターとなり

彼の演技は
「世界一のステップ」などと呼ばれるようになりました。

羽生くんは、まだまだ
表現力では高橋選手に及ばない・・ほどの
ものすごい選手なんですね。

羽生結弦選手の2012年の世界選手権の演技を見るまで、
私は「大ちゃん派」でした(^_-)-☆

注目の若手選手

本田真凛

世界ジュニア選手権 金メダル(2016年)
15歳・中学3年生

彗星のごとく、妖精のようなスケーター降臨!

女優の本田望結ちゃんのお姉さんとして
有名ですね。

いや~、なんて華のあるスケーターさんなんでしょう。

私もその可憐さゆえに思わずうっとりしてしまいます。

先日始まったジュニアグランプリシリーズでは

いきなり

フリー世界最高得点

をたたきだしました!

強さと美しさで、
今後は浅田真央選手以上の人気が予想されますね。

山本草太

ユースオリンピック 金メダル(2016年)
世界ジュニア選手権 銅メダル(2015年)

16歳・高校2年生

「ポスト羽生」と呼び声高い
山本選手をご存知ですか。

つい2年前に、宇野昌磨選手と共に
世界ジュニア選手権で表彰台に上がった選手です。

最近の男子選手の台頭はめざましいですよね。

女子に負けていません。

そして2年後のピョンチャン五輪でも
出場の期待がされています。

樋口新葉

全日本選手権 銀メダル(2015年)
全日本選手権 銅メダル(2014年)

15歳・高校1年生

シニア勢顔負けの演技と風格!

今やジュニアの選手は
世界でも戦える選手だらけですが
その中でも、圧倒的な樋口選手。

シニアの大会、全日本選手権で
ジュニアの立場でありながら、堂々のメダル獲得です。

すごすぎませんか!!!

’16-’17シーズンの主な予定

グランプリシリーズ

羽生結弦、4連覇なるか。

いよいよ10月から本格的に
フィギュアの大会が始まります。

注目はやはり、羽生結弦選手の4連覇なるかどうか。

五輪金メダリストとしての
孤独な戦いが再び始まりますね。

昨シーズンの
300点超えも再び期待されますね。

個人的にも、また羽生くんのシーズンがやってきて
嬉しい次第です♪

宇野昌磨4回転ループ成功なるか

「ポスト高橋大輔」といわれ続ける宇野くんですが、
もう皆さんにもおなじみの選手になりました。

日本男子は、世界でも圧倒的です。

ピョンチャン五輪では
羽生&宇野、両選手に「金メダル」の期待が
かかることでしょう。

フィギュア男子は、未だかつてない強さで
戦っていますね。

宇野選手は本当に攻めています。

「兄貴分」の羽生選手の背中を追い求め、
新しい技術を習得し続けています。

そして18歳とは思えない表現力にも
ぜひご注目ください。

全日本フィギュア

羽生&真央&宮原&宇野に、樋口新葉、本田真凛、山本草太が挑戦!

「世界が注目する、全日本選手権」ともいわれるくらい
国内大会は本当に熾烈な争いとなっています。

「今年はオリンピック前年シーズンということで
かなり緊張感が高まる試合が予想されますね。

しかも、全日本の試合結果で
世界選手権の代表も決まりますからね。

現役選手VS若手選手

最近は「下剋上アリ。」ですから、大注目です。

12月の終わりに開催されます。

世界フィギュア

羽生結弦、王者奪還への挑戦

2017年春、フィンランドで開催予定の
フィギュアスケート大会最高峰世界選手権。

ここ2年間は
金メダルをスペインのハビエル・フェルナンデスに
譲るかたちになっている羽生選手。

3年ぶりの王者奪還に
全世界が注目しています!

それにしても
羽生選手の演技は素晴らしいですよね。

技術力だけでなく、表現力も美しいですね。
昨シーズンの「陰陽師」は見事でしたね。

私は、ときにこのDVDで
パワーと癒しをもらっていますよ。

DVD第二弾も出ないかなぁ、と思っています。

フィギュアシーズンTips

国民が注目!「浅田真央」の挑戦

フィギュアスケートといえば
やっぱりこの人!

浅田真央選手ですよね。

もう10年以上もその活躍を
国民全体で見守ってきましたね。

「1億総親戚」状態ですね(笑)。

真央ちゃんの進退は常に注目されています。

本人は次の五輪も視野にいれているもたいですね。

どんな結果でも
どうか真央ちゃん自身が、
自分の幸せのためにすべり続けて欲しいと思います。

なんか、真央ちゃんがそこにいるだけで
涙が出てくる・・・

そんな唯一無二の存在なんですね。

現役選手でありながら
もうすでにレジェンドです。

羽生&真央が仮に不在でも大丈夫!日本人スケーターの層の厚さ

あなたはフィギュアスケート選手の名前を何人知っていますか。

真央ちゃん
羽生くん
大ちゃん
荒川静香
伊藤みどり
本田真凛

・・いえいえもっともっといますよね。

今では現役選手だけでなく
過去のスケーターや、若手選手も名前をいえるのではないでしょうか。

ひとつの競技で
こんなにたくさんの名前が挙がるスポーツって
野球とサッカーとフィギュアスケートくらいではありませんか??

【レジェンド】
伊藤みどり
荒川静香
村主章枝
安藤美姫
鈴木明子

本田武史
高橋大輔
織田信成
小塚崇彦
町田樹

【現役選手】
浅田真央
宮原知子
本郷理華
村上佳菜子

羽生結弦
宇野昌磨
無良崇人

【若手選手】
本田真凛
樋口新葉
永井優香
山本草太

今となっては、フィギュアスケートのテレビ中継は
当たり前ですよね。

5歳の頃からフィギュアファンの私は
嬉しい限りです( ;∀;)

まずはジャパン・オープン

10月初旬に毎年開催されるようになった
「木下グループカップ JAPAN OPEN」がもうすぐ始まりますね。

ルールは・・・

日本、欧州、北米の3地域によるプロアマ混合、男女各2名ずつ、計4名のチームによる団体戦形式。
シングル(フリー演技)の合計点をチームの総合点とし1~3位を決定。

日本からは・・・

宮原知子選手
宇野昌磨選手
樋口新葉選手

そして・・・お茶の間で大人気の

織田信成選手が出場!

さらに、
フィギュアのマニアにはたまらない、
あの町田樹選手が登場しますよ!

おととしの電撃引退発表は、なかなかのものでしたよね(笑)。

今後、
バラエティタレントとしてブレイクしそう・・
と私たち夫婦はひそかに予想していますよ(笑)。

本格的な大会とは少し違いますが
選手も観客も少し肩の力を抜いて、楽しめますよ。

今年は10月1日(土)に開催!
詳しくは
フィギュアスケートジャパンオープンHPをご覧ください。

さぁ、今年もフィギュアスケートを
思う存分楽しみましょう!

スポンサーリンク