30代40代も必見!65歳までにしておきたい8つのこと

スポンサーリンク



老後だなんて
私にとってはまだまだ先の話だと思っていますが

先日、あるコラムを読んでちょっとゾッとしました。

・・・相談者のおばあさんは認知症で入院しました。
しかし、同居しながら面倒をみているご両親が
「老老介護状態」なのだそうです。

60代半ばを過ぎているその方のご両親は共働きですが、
年齢のこともあり現役時代ほど収入がありません。
それに体力がついていきません。

一軒家を買っていますが、
まだローンは完済していないようです。

さらにおばあさんの入院費用は
思った以上にかさみ、生活は圧迫。

しかもそのおばあさんは年金がもらえないのだそうです。

いっそのこと家を売り払って
ひっそりとアパート暮らしをしようかとも悩んでいるそうです。

・・・世の中の縮図なのでしょうか。

私はその記事を読みながら
30年後の自分が同じ状態になってしまわないだろうか・・・と
少しゾッとしてしまいました。

少し前まで日本では
いわゆる「貧困層」なんてほとんどいませんでした。

「一億総中流」

だった日本が
いつのまにそのような状態になってしまったのでしょうか。

dマガジンを日頃から読んでいますが

私がdマガジンをおすすめする理由
「読書の秋」の季節がやってきました。本を読むとき、あなたは紙媒体派でしょうか、それとも電子書籍派でしょうか。5月にdマガジンを利用してから私たち夫婦は電子書籍...

サンキュ!10月号に
気になる特集がありました。

「65歳までにやるべき8のこと」
まさにその相談者さんの
ご両親くらいの年齢だと思いますが

65歳までに人生のプランニングがしっかりできていたら
このような事態を免れたのではないかと思います。

65歳までにしておきたい8つのこと

unsplash_52ce2b0530dab_1

まず「きほんのき」なのですが
65歳まであと何年あるかを計算することから始めましょう。

私は36歳なので

65-36=29年

あと29年です。

大切なのはその残りの年数を把握し
今からでもできることから始めることなのだと思います。

65歳までにやるべき8のこと

1.貯蓄の履歴を残す
2.義兄弟と仲良くする
3.貯「筋」する
4.自分がもらえる年金額を知る
5.じっくり得をする投資をする
6.夫婦で共通の友人を持つ
7.「ありがとう」を口ぐせにする
8.夫婦で1つづつ趣味を持つ

サンキュ 10月号より

1.貯蓄の履歴を残す

今までどれだけコツコツためてきたのか、という歴史がわかると
自信につながりますね。

私は、エクセルで
総貯蓄金額を年号と共に記録しています。

そうすることで
一年間にどれだけ貯められたか把握ができます。

2.義兄弟と仲良くする

これは私も実感しています。

自分の両親の介護にも関わるかもしれない
義理の妹と夫のお姉さんとは
常日頃、コミュニケーションを密にすることが大切ですよね。

親をみて思いますが
だいたいこの年齢になると
関係は悪化しているのが、実態ですからね。

3.貯「筋」する

体力を増強するために筋トレする方は多いもの。

お金も同じく、歳をとって固くなってからでは
遅いですからね!

日頃のトレーニングが大切。

マネーリテラシーは
自分で身につける以外ありません!

4.自分がもらえる年金額を知る

誕生月に「ねんきん定期便」が手元に届くと思いますが
将来もらえる額を知り、

「未来を見える化」させることが大切だと思います。

5.じっくり得をする投資をする

65歳まで時間がある人は
今からコツコツ投資信託などをすることがおすすめなのだそうです。

投資のコツは長い時間を味方につけること

ですので、
今からでもぜひチャレンジしたいところです。

6.夫婦で共通の友人を持つ

これはさりげなく大事な項目です。

この年齢になると夫婦の会話も減る傾向にあり
出掛けるのも億劫になりがちです。

共通の友人がいることで、メリハリがつき
新しい発見につながります。

私が知るシニア層の方は
外交的な人ほど、やはり見かけもお若いです。

7.「ありがとう」を口ぐせにする

夫婦の会話の活性剤にもなる「ありがとう」の言葉。

人生のあらゆることに感謝をすると
ますますいいことがたくさん起こります。

今、感謝していること20
先日、「シークレット」という映画をDVDで夫と一緒に鑑賞しました。このDVDは繰り返し見ています。「引き寄せの法則」を賢者たちがそのメカニズムを伝える、ドキュメン...

8.夫婦で1つづつ趣味を持つ

それぞれが趣味をもつと
「ひとりの時間」を楽しめます。

夫婦ふたりでじっとしていても
もったいいないですからね!

もっと人生を謳歌するシニアを目指していきましょう♪

我が家で実践している老後対策~マネー編~

photo-1449247613801-ab06418e2861

夫婦共に年金を継続して払い続けている

先日夫にも私にも「ねんきん定期便」が届きました。

今のところすべて支払っています。

正直、私たちの老後に年金がもらえるのか
かなり不安ですが。。。

私は個人年金に2社加入

私は保険会社2社の
個人年金に加入しています。

65歳から受け取れるというものです。

なんと25歳のときから始めています。

今思えば
利回りのいい若いうちから加入しておいてよかったです。

積立型の投資信託をはじめた

ずっと気になっていた投資信託を
今年ようやく始めました。

積立型なので一度設定したらあとは
身をゆだねるだけですね。

投資信託、はじめました。
所得が下がる一方で、税金や保険料が上がるなどお金に関する不安は増える一方です。私は日々マネー術の研究をしていますがお金のことをもっと実感するために投資信託に...

近いうちにもう一社検討中です。

マネープラン設計中

夫婦の目標貯蓄額や
私の個人年金返戻金を
年ごとに設定しています。

もちろん右肩上がりになるようプランニング中。

エクセルで一目見てわかるようにしています。

日ごろから実家の両親と兄弟とLINEで会話中

これはとても大切なことだと思います。

メンバーは



弟1号
弟2号
ton-ton

の5人です。

ここの重要ポイントは

私の夫と、弟の奥さんが入っていないこと。

です。

二人が入ってしまうと

・二人に気を遣わせて、メッセージ返信義務を負わせてしまう
・ホンネでトークしずらくなる

「純粋な家族のみ」だけのグループで
日頃のコミュニケーションをとっています。

母は常日頃、子どもの動向が気になる様子ですし、
二人の弟が仕事を元気にやっているかも気になります。

特に弟2号は、年が11歳も離れているため
日ごろから仲良くしておきたいところ。。。

ちなみに昨日は
弟1号が「お姉は、ふるさと納税やってる?」

というメッセージを投げてくれました。

しかもかなりの長文のふるさと納税レクチャーをしてくれ
家族でマネーリテラシーを身につけています。

弟2号はファイナンシャルプランナーなので
お金の発言もしてくれているので
家族で良い会話ができています。

スポンサーリンク