在宅ワークで自由な空間と時間を手に入れる

スポンサーリンク



来月末から

プレミアムフライデー


一部の企業で導入されます。

毎月、最終週の金曜日は15時に退社をしよう!

という呼びかけです。

もちろん、こんなに嬉しいものは
「業種や職種」によってはどうしても導入ができないところも
あるでしょう。

ですが、
最近は働き方も少しづつ柔軟になってきているのが
嬉しい風潮ですよね。

実は最近、勤めている会社で
かねてからの希望である
「在宅ワーク」がめでたく認められました(^o^)

・・・正直
めちゃくちゃ幸せすぎます!!

まだ数日しか
在宅ワークを経験していませんが、
今回は在宅ワークのメリットとデメリットを挙げて見ます(^^♪

在宅ワークの嬉しいメリット

好きなタイミングと好きな空間で仕事ができる♪

これって「在宅ワーク」や「リモートワーク」の醍醐味ですよね。

仕事はできるだけ
気分ですすめたいと思うton-ton。

気が乗ったときしか仕事なんてしたくありません!!

通勤時間がまるまる無くなる!

なんせ在宅ワークの大きなメリットはコレではないでしょうか!

私も片道一時間かけてオフィスに勤務しているため
一日当たり2時間以上もプレゼントされたような気分です!!

浮いた時間でプライベートが充実する!

時間だけでなく、心のゆとりも生まれますね。

そしてプライベートが充実すると
また仕事がはかどり、イイコトの好循環が生まれます!

仕事の効率化が期待できる!

在宅ワークは、
自分の後ろで管理してくれるボスや同僚なんかは一人もいません。

・・・正直、できるだけ早く仕事を終えて
「自分の時間」がたくさんほしいですよね???

ということは、頑張った分だけ
あなたの時間は膨大に増えていきます!

着替える時間&メーク時間がスキップできる?

間違いなく夫に怒られます・・・(笑)。

ですが着替える時間とメーク時間って
一日にすると15分~20分くらいかかりますよね。

案外大きい時間ですね。

朝から洗濯ができる!

意外とこれは大きいですよね。

平日が仕事ですと
洗濯は週末しかできませんよね。

できても「部屋干し」になってしまいます。

夕食の支度がちゃんとできる

働く奥さまは特に実感されていることと思います。

通勤電車のもまれて
自宅に帰ったらもうヘトヘトです・・・。

それから夕食の支度だなんて
本当に大変。

在宅ワークなら、お仕事しながら
同時に夕飯のスープ作りも並行してできちゃいます!

ランチ代のコストが下がる♪

オフィスで仕事をしている方は
ランチ代がどうしても高くなりがちですよね。

毎日お弁当を持っていくだなんて
正直、かなりタイヘンです!!

在宅ワークなら、
ランチは、昨日の夕食の残りでも
ラーメンをちゃちゃっと作っても
カップ焼きそばでもいいですよね。

材料費的にも100円から200円のコストで済みます♪

在宅ワークのデメリット

残業代がつかない

当然ですよね。

仕事で大切なのは「結果」です。

日本は、なぜか仕事に時間をかける人に
残業代というかたちで賃金を支払うシステムがあります。

そういう意味では、在宅ワークをもっと広げたら
仕事ができる人が増えるような気がします。

むしろ自由時間が減る場合も!?

人によると思います。

自己管理ができない人。
在宅ワークだからといって
お昼近くまで寝ているようでは、むしろ本末転倒でしょう。

運動不足になる場合がある

通勤スタイルをとっている人は
当然ですが、最寄り駅まで歩いたり、
線を乗り換えたり、
ランチで出かけたり・・といった
ある程度の運動をします。

在宅ですとコレガ一切なくなるため
(ランチも家で食べがちです・・・。)

むしろ自由な時間が増える分
意識してフィットネスや、ウォーキングにでかけてみましょう!

自宅の光熱費通信費などがかさむコトも

「自宅にいなかった時間」が
「自宅にいる時間に変わる」ことは
とても大きなことです。

注意点は「通信費」ですね。

ネットをモバイルルーターなどで使っている方は
会社の通信手段が、
自分のルーターになることもあると思いますので
速度制限などに注意が必要ですね。

(会社によっては、ルーターや携帯電話が貸与されることもあります。)

スポンサーリンク