結婚の理想と現実?結婚4年目、ton-tonの場合

スポンサーリンク



おかげさまで、
先月で結婚4年目を迎えました。

振り返ると
この3年間は本当に早かったです。

「結婚の理想と現実」
というドラマがあったような気がしますね。

私の場合、ホンネを教えちゃいます!

結婚の現実

結婚生活は、独身時代よりもツマラナイ?!

去年結婚した友達に聞かれました。

「ton-tonちゃん、結婚生活ってどう??」

彼女より2年ほど先輩な私はこう言い放していました。

「うーん。。。正直言っちゃうと
独身生活のほうがずっと自由だし、刺激的だよ!

結婚生活はまぁ、フツーだね。

自分でも驚きの言葉。

独身生活と結婚生活
単純にどちらが楽しかったかといえば・・・

独身時代だった

と私はジャッジします

結婚生活で不自由に思ったこと

  1. むやみやたらに出かけられない
  2. 同じ家に住むため、100%わがままは通らない
  3. 夫の親戚づきあいが面倒くさい
  4. お金はほとんど老後のために貯めている
  5. 毎日外食はもう許されない

結婚を30年以上夢見てきた私ですが、
いざ夫と住んでみると
ただただ「現実の連続」に追われます。

あの憧れのイメージはなんだったのでしょう?(笑)
子どもの頃を思い返してみてください。
あなたのお母さんは、毎日あなたのお父さんにときめいていましたか?
あなたのお母さんは、毎日お姫様のようにキラキラ輝いていましたか?

あなたの子供時代もきっと「日常生活の連続」「現実の連続」だったのではないでしょうか。
なぜならあなたの子供時代は、あなたのご両親の「結婚生活」の元にあったのですから

結婚生活自慢

残念ながら、結婚生活は
思っていたようなトキメキを運んでくることは
めったにありません。

でも、大人の半数はこういいます。

「結婚って、いいものだよ。」

私の父と叔父は、
以前結婚をあきらめかけた私にこの言葉を放ってくれました。

ton-tonの夫自慢!

  1. いつもいつも笑顔
  2. 家事に積極的
  3. 仕事終わりに必ず電話をくれる
  4. 浮気の心配が無い!(今のところ)
  5. 背が高い
  6. かっこいい
  7. いつも笑いながら会話ができる
  8. 私の甥っ子を可愛がってくれる
  9. すべてに対して肯定的

ただの自慢話なのですが、
私の夫はあまり「欠点」がありません。

強いて言えば、
典型的な「ノーと言えない日本人タイプ」で、
上司のいうことに一切逆らうことができません。
(私と真逆ですが )

また、「計画&実行タイプ」ではないため
大きな夢を語らず、少し刺激に欠けます。(うーん。。。)

さらに、なかなか実行に移せず
いつも締切ギリギリタイプ。

こちらからプッシュしないと
自発的に行動しません。(うーーーーーん。。。)

大切なのはパートナーの「人間性」

ですが私はおかげさまで
素晴らしい性格の持ち主である夫と出会えました。

私と正反対で
いつもニコニコ、おだやかです。

例えるなら最近よく見る、MS&ADのコマーシャルの
川口春奈さんの夫役の”てっちゃん”でしょうか(笑)。

以前、
私が仕事から帰ってきたとき、
夫は台所で、ゆっくりじっくりりんごをコトコト煮ていました。

そんな夫の姿を見て
なんて平和なんだ(*^_^*)
と心底思いましたね。

結婚することで相手は「恋人」から「家族」に変わります。
ちょっとしたことで関係が崩れてしまうような人を選ぶと「平凡な日常生活」は続きません。
たまに浮気性の人と結婚して、毎日不安いっぱいの方を見ると気の毒ですし、なにより時間のムダだと思ってしまいます。
それより、何よりも「平凡な日常生活」は最高です。
間違った相手さえ選ばなければ、あなたの生活は穏やかで
旦那さんへの愛に溢れ、また旦那さんからのたくさんの愛情を受け取り続ける毎日が続いていきます。
だから「結婚はいいもの」ですよ。正しい相手をしっかり選べばね♪

スポンサーリンク