「生産性を高める生活」~おつきあい編~

スポンサーリンク



前回の記事の続きですが・・・

自分なりに「生産性を高める生活」に少しづつシフトしてみた。
「社会派ブロガー」のちきりんさんの本が大好きです。今回読んだ本は・・・自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方posted with カエ...

自分なりに
「生産性を高める生活」にシフトしたことを
お伝えします。

今回は「おつきあい」についてです。

会いたい人はこちらから連絡

私は、「会う人」を限定しています。

なぜなら、人と会うことは
時間とお金と労力が要るからです。

といっても
ほとんどお声はかかりませんが(笑)。

以前、スーパーでパート勤務していたとき
なぜか忘年会に誘われ、LINEグループにも入れられてしまいましたが
なんとか忘年会をお断りしました。

自分にとって
意義のある時間か、そうでないか。

そこが、会う人を決める私の判断基準です。

年賀状は出さない

年賀状出していますか。
年々出す方は減っているようですが

私の周りで年賀状を出している人は

全員が「既婚。子持ち」

きっと

「結婚したから、きちっと見られたい」

そんな思いなのではないでしょうか。

また正直

「ウチの子、かわいいでしょ!」

という自慢も少なからずあるでしょう(笑)。

とても素晴らしいことですが
独身の方には、少々キツイかもしれません。

また、年賀状はデザインをプリントしただけで、
手書きの一言メッセージが無い人にも驚かされます。

まるで「ダイレクトメール」ですよね。

私は、メッセージが無い人を見ると
驚愕してしまいますし、
年賀状の意義がわかっていないなぁ・・・と思ってしまうのです。
(意外と年配の方に多いですが・・・)

ちなみに私は年賀状ではなくて
代わりにクリスマスカードを
送りたい人にだけ送っています。

クリスマスカードを送っている人は
まだまだ少ないし、
めちゃくちゃ喜ばれます!

大好きな人(だいたい8人くらいかな)に
自分の思いをしたため
クリスマス前に送るのが
私の楽しみになっています。

親戚の集まりに参加しない!?

結婚すると、「夫との親戚づきあい」
という壁にぶちあたります。

ちなみに私の親戚は
全く集まりがないので、
ますます「夫の親戚事情」が
気になってしまうんです・・・。

またまた年配の方に怒られそうなことですが、

「夫の親戚に会う必要」

ってホントにあるんでしょうか??

もちろん、
「夫の両親」や「夫の兄弟」は大切です。

ですが

「夫の伯父や伯母、いとこ、いとこの子ども」にまで
毎年毎年会う必要があるのでしょうか。

夫の親戚はとても仲が良く
多人数で、毎年お正月に集まっています。

私も何回か顔を出しましたが
楽しいわけがありません(笑)。

約10時間、ただただ座りっぱなしで
まるで避難所生活です。

すでに2回経験し
夫に一言。

「ごめんね。悪いけど、私はあの集まりには今後
出席できないわ。」

胸の内を明かし
夫は理解してくれました。

夫には申し訳ありませんが、

私は「妻である以前に、ton-tonなのです。」

「〇〇の嫁」と思われたくありません!

ただ夫が好きで夫婦になっただけなのです。

嫁としては失格だと思いますが、

「人生は有限」なのです。

そして私は常にやりたいことだらけなので
お正月であろうと、自分の時間を大切にしたいのです。

・・あ、でも、夫の両親にはよく会っていますよ!

夫の両親に会う時間は、私にとっても「有意義な時間」です。

スポンサーリンク