こんなに夢中になるとは!「72時間ホンネテレビ」 を大総括!

スポンサーリンク



元SMAPの稲垣さん、草彅さん、香取さんによる
インターネットTV「72時間ホンネテレビ」が
先日配信され、大きな話題を呼びました。

AbemaTV「72時間ホンネテレビ」ってどんな番組?

2017.11.05

私、SMAP好きだったカモ。「72時間テレビ」を観たton-tonのホンネ。

2017.11.11

「72時間ホンネテレビ」ビジネスモデルと3人の魅力とは

2017.11.13

地上波テレビ見てますか?

ton-tonはテレビ視聴時間一日平均20分

はっきり言って、ほとんど見ていません。

見るのは、会社に行く前の「グッドモーニング」と、
夫が帰ってきたらつけるTVくらいです。

自宅勤務のときは
ほとんどラジオのみです。
「丸一日テレビを見ない日」もどんどん増えています。

昔はテレビっ子でしたが
今は、テレビ番組自体
おもしろくなくなってしまいましたよね。

「テレビ離れ」という言葉がありますが
スポンサーに忖度した内容や
コンプライアンスという言葉に引っ張られ
「おもしろいテレビ番組」は失われつつあります。

ネット無しでは生きられない

気が付けばネット無しでは生きられない環境に
身を置いています。

そんななか今年からamazonプライムの会員になりました。

年間たった3,900円!amazonプライムで映画見放題♪

2017.03.06

これから、このような有料動画に
地上波テレビからシフトする方は
もっともっと増えるでしょうね。

地上波テレビ VS ネット動画

地上波テレビのタブーがあぶり出された?

いつからか「業界の裏側の事情」が、
一般人にも広く知れ渡るようになる時代となりました。

「この人は地上波には出られない」

という有名人も多いそうですが、
ネットなら今のところ大丈夫なようですね。

また、今回の配信では
大手事務所の芸能人がほとんど出演しなかったことも
浮彫となってしまいました。

「業界のウラ事情」が
一般人に浸透してしまう世の中、
なんだか味気ないですよね。

番組を見ながら、
その違和感を感じた方もいたのではないでしょうか。

地上波テレビの不自由さが浮き彫りに・・・

3人のうちの1人が

「この番組って、何やってもいいんだね。
自由だよね。
今までは、あれもダメ、これもダメ、だったから新鮮!」

と言っていました。

あらゆるしがらみや呪縛から解放された3人は
まるで子どものように
キラキラ輝いていました。

ホンネテレビ総括
・ネット動画 VS 地上波テレビの構図が浮き彫りに
・「新しいメディア」の誕生
・新事務所 VS 旧事務所の対立構図は、誰の目にも鮮明に映り続けた
・芸能界における、あらゆる「厳しいルール」がアル
・しがらみのある芸能人と無い芸能人が誰なのかが、よくわかった

スポンサーリンク