ton-tonが学生時代にやっておいてよかったこととは

スポンサーリンク



若い人へ!
「社会人前までにぜひコレだけはやっておいて!!」

前回の記事ではこのようなことを
書きました。

37歳のton-tonが思う、「若いうちにできればやっておきたいこと」とは

2017.11.20

今若い人は、それだけで
可能性に溢れていますが
時間は驚くほどあっという間に過ぎてしまいます。

時間がある今のうちに
いろんな経験をすることが
今後の人生を大きく左右するように思います。

ton-tonがやっておいて良かった経験とは

ton-ton
大学時代まで私は、一人で国内旅行にも行ったことがありませんでした。・・・このままではマズイ。自分の人生は、自分で変えなくては・・・と奮起し、2003年の卒業旅行から、一気に海外に目覚めました。

海外留学&海外旅行

【回・想・旅・行】ニュージーランド旅。23歳女子がひとりで南半球に飛び込んだ!

2016.07.14

【回・想・旅・行】オーストラリアをざっくり探検した23歳一人旅

2016.09.24
ton-tonの海外旅行歴
2003年 サイパン・イタリア・スペイン・オーストラリア
2004年 ニュージーランド・ドイツ・フランス・韓国
2007年 グアム
2008年 中国(青島)
2010年 中国(北京)
2012年 中国(上海)
2013年 中国(上海)
2016年 台湾

教員免許資格取得

元々学校の先生になることを
長年の夢として抱いていました。

結局教員にはなりませんでしたが、
(正直、民間企業のほうが楽しいと判断したため)

大人になればなるほど
「教員免許を持っている」
「大学を卒業している」

ということが
思いのほか「武器」になることがわかりました。

ton-tonがやっておきたかった経験とは

自炊!

恥ずかしながら、結婚するまで
料理はほとんどしてきませんでした。

結婚歴3年半ですが
未だにレシピを見ないと
料理が作れません・・・(苦笑)

若い時から料理が出来れば
食費を抑えることができるので
いいですよね。

今のうちに料理を覚えてインスタやブログにUPして
素敵な配偶者をゲットしちゃってください(^^♪

もうひとつ「資格」

学生時代ほど
たっぷり時間がある期間はありません。

まぁ、それって
社会人にならないと気が付かないんですけどね。。

学生の方でしたら
・就職先に関係がある資格を取る
・就職に有利な資格を取る
・TOEICなど、英語力を鍛える

ことが社会人前にできていれば
とてもいいですね。

周りの見る目も変わりますよね。

スポンサーリンク