ton-tonのマネー・ヒストリー ~子ども&学生時代編~

スポンサーリンク



子ども~学生時代のおこづかい事情

お年玉はそのまま親に預けていた

まぁ、預けていたというより
「もらったお年玉は、お母さんに渡しなさい」

と、半ば強制的に「徴収」させられていましたね。。。

月々のおこづかい+
毎年自分の両親からもらうお年玉

だけが、唯一自由に使えるお金でした。

小学生のときから「お小遣い帳」をつけていた

はじめてもらったお小遣いは
小学校3年生のとき。
一ヶ月300円が、私の立派なお小遣いでした。

サンリオで文房具買っていたのが
なつかしいですね(笑)

ですが、そのお小遣いをもらう条件は
「おこづかいちょう」をつけることでした。

残金とおこづかいちょうの金額が
合っていないと
おこづかいもらえないんですよ。。。

まぁ、合わないことはしょっちゅうでした。。。

MEMO
今思えば、母親のお金の教育は正しかったと思います。
大人になって、ますますそう思いますね。
ちょっと厳しい母に感謝です(#^^#)

アルバイト時代

高校生で月に8万円稼いでいた!

高校3年生の後半。
初めてアルバイトを経験しました。

近所のスーパーのレジ。

半年後の大学生活を想像しながら
たくさんお金を稼いで
「女子力アップ」に精を出していました。

なつかしい。

そして、本当に稼いでいたなぁ・・・。

大学時代はアルバイトが中心だった

高校生から続けているレジのアルバイトは
とても楽しかったです。

バイトしまくり。
ちなみに家庭教師のアルバイトも掛け持ちでした。

社会人になる前に
アルバイト経験するのは大切です。

振り返って

大人になってから
振り返ると、
自分の行動はある程度正しかった部分があったなぁと
思います。

親に預けたお年玉が、留学費用に変身

親はあまりモノを買ってくれませんでしたが
むしろそれで本当に良かったと思います。

母はお年玉をコツコツ私名義のゆうちょに
貯めてくれていました。

それが、留学費用に充てることができ
その後の人生の大きなはずみにできました。

私が親になっても
同じことをしようと思います。

アルバイトを楽しめたことが社会人経験に反映

アルバイト経験は、就職活動の際の
アピールにもなります。

どんな職種にトライするか、
ということより
アルバイトを通じて「何を学んだのか」

が大切ですよね。

私はレジという
接客だったのですが、
お客様と直接コミュニケーションができることは
とても大きな武器となりました。

おかげさまで
社会人になっても
コミュニケーションは
なんとか大丈夫でしたね。

お小遣い帳をつけることで、
家計簿や経理業務も楽しい♪

子どもの頃からの習慣もあり、
数学に抵抗感は無くなりました。

今では家計簿のような
家計資産表を独自で作成し
家計を管理しています。

また、ここ8年は
ベンチャー企業で
経理も任されています。

メンバーの中では
いつも誰よりも
お金に関しては強みを発揮できています。

まとめ
・子どもの頃から、お金の教育は大事
・お金のことは学校では教えてくれないから、自分から正しい知識を得ないといけない
・お金が嫌いだなんて言ってられない
・お金の管理が嫌いだなんて言ってられない

スポンサーリンク