人生でやらないことリスト

スポンサーリンク



先日、38歳の誕生日を迎え
改めて、時間の早さを実感しました。

まだまだ自分は若いと思っていましたが
私も社会人としては、中堅くらいにさしかかる年齢に
なってしまいました。

人生を充実させるためには、
やりたいことリストをこなすことも大事ですが、
今の世の中、誰もが時間に追われています。

まずは、
「やらないこと」という人生の基盤を決め、
あとはどんどんやりたいことをやる人生を
送ろうと思います。

電車通勤はしない

100%できているわけではありませんが
一週間の5日の出勤日数のうち、
2日は自宅勤務が許可されています。

東京都で時差Biz取組み!私の勤務先は「テレワーク」で貢献しています

2017.07.14

私は元々20代前半のときから
家で仕事をすることを夢見ていました。

最近は、当時に比べて
自宅勤務や、リモートワークをする方が
格段に増えていますよね。

ネットワークの発達で
時間も場所も自由に仕事ができるようになってきた
世の中は素晴らしいと思います♪

スーパーで買い出しは基本しない

去年の夏から
食材の買い出しを減らしました。

食材の買い出しは皆さん
週に3回くらいしているのではないでしょうか。

専業主婦の私の母は
ほぼ毎日なにかしらスーパーに行っていましたが、
今は専業主婦の方は徐々に減っています。

皆さんお仕事をしながら
忙しい中買い物に行っています。

ネットスーパーはSEIYUで決まり!

2016.08.26

玉ねぎやキャベツって
意外と重いですよね。

両手いっぱいにビニール袋をぶら下げる
自分の足取りはいつも以上に重いことを実感。

今なんでも便利になっている世の中、
ネットスーパーを駆使することにしました。

5,000円以上なら無料で配達してくれますので
とてもとても助かっています♪

TVを見ない

最近はほとんどテレビを見ていません。

子どもの頃は超テレビっ子で、
バラエティ大好きな父親と一緒に
ゲラゲラ笑いながら見る時間が幸せでしたが、

今魅力的なテレビ番組って
ほとんど無いですよね。

おすすめのradiko、Podcast、ラジオアプリをご紹介!

2017.11.19

私はとにかく毎日、月曜日から日曜日の朝までは
ラジオ三昧です。

テレビは夫が帰ってきて
夫が自らリモコンをONするまでは
ラジオの音声がかかっています。

ton-ton
ラジオは同時進行でいろんなことができ、メリットもありますが
何よりも、ラジオには魅力的なコンテンツが詰まっています。
そもそも思えば小学生の頃からラジオを聴いていました・・・

親戚の集まりには参加しない

・・・いや~
全国の奥様!

これは結婚して、特に女性は悩んでいる方が
大方だと思いますよ。

私も結婚した翌年の正月に
30人も来る夫の親戚の集まりに参加しましたが
2回でやめました。

正直、6時間以上座りっぱなしで
時間が経つのが遅く、ただただ苦痛でしたね。

全国の奥様は、今のご時世
無理に夫の親戚と顔を合わせなくても良いのではないでしょうか。

もちろん、夫の「両親」とは
できるだけ会うようにしましょう。

大切な、お義父さん、お義母さんですからね。

私は、夫の両親が大好きです。
とても優しいからです。

ですので、夫の「親戚」ではなく
夫の「両親」と、それなりに会っていれば
問題無いのではないでしょうか。

夫の親戚とは
言ってしまえば冠婚葬祭でしか
顔を合わせないですし、無理に合わせる必要はありません。

そもそも私は「自分の親戚」にも
長いこと会っていませんが
親戚だからといって、無理に会う必要は無いのだなぁ・・と
思うようになりました。

ちなみに今年のお正月は
たまたま海外に行く機会に恵まれ、
運よく、公式的な理由で
夫の親戚の元に行かずにすみました。

ボラカイ島総まとめ!

2018.04.03

・・・ちなみに
数日後に
母と叔母とランチをする約束をしています。

自分の親戚の集まりが皆無になってしまったため、
そして叔母にはお世話になっているため、
そしてあのとき若くてかわいかった叔母も60歳であり、
少しづつ、このような機会が減ることに気づいたため
その時間を楽しんでこようと思います!

年賀状は出さない

年賀状は年々、その需要が減っています。

皆さんは年賀状を出していますか。
年賀状をもらっていますか。

私はもう10年以上前から
年賀状を書いていません。

年賀状は一日がかりですよね。

年末の忙しいタイミングに
一日も年賀状に時間を費やすのは個人的に
もったいないと思ってしまいます。

最近もらう年賀状は
もっぱら友人による「うちの子見て!」的な
ものばかり。

正直、みなさん
自分の子ども以外興味ありませんよね(笑)。

ぶっちゃけ私は
自分の甥っ子しか興味はありません。

子どももいないし、
友人の子どもの写真を見るたびに
少し劣等感すら感じてしまいます。

ですが、大好きな友人に
会っていない分、なにか心をこめたいと思い
私は数年前から、
クリスマスカードを出しています。

クリスマスカードを出そう!

2017.12.06

年賀状を毎年くれる友人には
先回りして、年賀状代わりに送ることができますね。

スポンサーリンク