ベスト8まであと一歩!にわかサッカーファンが今後のサムライたちを勝手に展望

スポンサーリンク



連日熱戦が繰り広げられている
サッカーワールドカップ

日本は、格上相手に
惜しくもベスト8を逃してしまいましたが
下馬評を覆し、すべての試合で世界の話題の的になりました。

サッカーW杯大金星!弱小チームが格上に勝てた理由とは?

2018.06.21

ニワカサッカーファンは、こう楽しめ!

2018.06.22

本日セネガル戦!ニワカサッカーファンはこう楽しめ!PART II

2018.06.24

祝★決勝T進出!サッカーワールドカップに夢中です♪

2018.07.01

サムライ先発組11名を、にわかなton-tonが勝手にコメント!

FW 大迫勇也選手 1得点

Embed from Getty Images

大会前半の主役となりました。

大迫選手の顔立ちとクレバーな雰囲気に
私も一気にファンになってしまいました♪

攻める姿勢やフィジカルの強さに
「こんなすごい選手、日本にいたんだ!」
と感動。

半端ない活躍をありがとう!

MF 乾貴士選手 2得点

Embed from Getty Images

W杯直前のパラグアイ戦では2得点を挙げるなど
調子を合わせてきましたね。

特にベルギー戦のミドルシュートは圧巻でした!

負けて、悔しくて、めちゃくちゃ泣いていた姿に
私も心にくるものがありましたね。

今後の活躍がますます楽しみです。

MF 香川真司選手 1得点

Embed from Getty Images

4年前はエースにも関わらず
目立った活躍がありませんでしたが、
初戦のPKシュートは、
しっかり決める雰囲気もあって、
頼もしい日本の10番でした。

昔に比べてかなり
カッコよくなってる~。

サムライみたいでした。

MF 原口元気選手 1得点

Embed from Getty Images

あるドキュメント番組を見ていたため
誰よりも、元気選手のシュートを祈っていました。

ベルギー戦では
番組で出会ったファンの子供たちとの約束を
本当に果たしましたね。

リーグ戦では目立っていなかったため
最後の最後で輝けました。

MF 柴崎岳選手

Embed from Getty Images

サッカーに詳しい方の多数の方が
柴崎選手の活躍を称えています。

サッカーをやっていた夫も
柴崎選手を大絶賛!

・・・サッカー素人の私には
正直よくわかりませんでしたが、
彼もまた無口でクレバーな雰囲気があり
日本のチームも大きく進化したなぁ・・と実感。

4年後はチームの大黒柱になっているでしょう!

キャプテンMF 長谷部誠選手

Embed from Getty Images

3大会連続キャプテンだなんて、
信頼が厚いからです。

長谷部選手の目はいつも美しく
チームを整える姿は
本当にサムライみたいでした。

8年前に観たときのような
透明感が今でも保たれていて
やはりチームに欠かせない存在なのだと思いました。

3大会連続出場、ありがとう!

DF 長友佑都選手

Embed from Getty Images

長友選手のフィジカルの強さに
いつも圧倒されます。

彼もまた8年前に、驚くべきインパクトを
残した素敵なサムライの一人です。

今回は気合を入れて金髪にしたことが
話題になりましたが、
これが、チームの強さをアシストしましたね。

ムードメーカーで
素晴らしい人柄に、今回も胸打たれました。

そして負けても
晴れやかでにこやかで
本当に良かった!

DF 昌子源選手

Embed from Getty Images

唯一の「国内組」です。

そんなことも感じさせない
昌子選手はなんだか、頼れる雰囲気ありましたよね。

ベルギー戦前日の記者会見では昌子選手が
出てきました。

そしてそんなベルギー戦での敗戦での
悔しそうな姿は
私たちの記憶に残り続けることでしょう・・・。

今回の活躍で
どうやら海外からも熱視線のよう。

ぜひ日本を飛び出して活躍してほしいです★

DF 吉田麻也選手

Embed from Getty Images
前回大会も出場している
吉田選手がいることで、安定感が増しましたね。

背も高く、
そのプレーは世界でも好評価。

ルックスは一番「サムライ感」がありましたね。

次回も出場を期待!

DF 酒井宏樹選手

Embed from Getty Images

子どもっぽい顔立ちとは裏腹に
しっかり後ろを固めてくれました。

ディフェンスのがんばりはあまりスポットライトが
当たりにくいものですが、
今回の活躍で、何度も日本を救ってくれました。

フル出場、お疲れ様!

GK 川島永嗣選手

Embed from Getty Images

良くも悪くも注目が集まりましたが
過去の大会での川島のビッグセーブに
日本は何度も救われてきましたよね。

35歳。

今回でラストかもしれませんが
GKは世代交代必須ですね。

ボールを止めて当たり前。
こぼしたら瞬く間に戦犯扱いされます。

メンタルが強くないとGKなんて
とてもできるものではないそうです。

川島選手、耐えた!!

西野朗監督

Embed from Getty Images
西野監督、本当にマジック連発でしたね。

まさかこんな展開になるとは
誰も想像できなかったでしょう。

これからのチームJAPAN、さらに強くなるために!

西野監督、続投でお願いします!

GLを突破した
2002年と2010年。

どちらもチームの雰囲気の良さが
伝わってきました。

ですが、その良い体制を継続せずに
W杯が終わると、なぜか外国の監督を
要請しようとしますよね。

今回のことでも
明らかになったと思いますが
日本には日本の監督が結局しっくりくるのかもしれません。

西野監督が続投を拒否しても
手倉森さんや関塚さんなど
監督にふさわしい、素晴らしい方は
いらっしゃるのではないでしょうか。

4年後、決勝Tに進出できなければ今後もキビシイ!

日本過去6大会の出場データ
1998年:グループリーグ敗退(フランス)
2002年:ベスト16(日韓)
2006年:グループリーグ敗退(ドイツ)
2010年:ベスト16(南アフリカ)
2014年:グループリーグ敗退(ブラジル)
2018年:ベスト16(ロシア)

今大会は、日本にとって「良い大会」となりましたが
問題は4年後です。

いつものパターンですと
4年後はグループリーグ敗退です。

このジンクスを突破しない限り
日本はサッカー強豪国へは成長できないでしょう。

20年以内にベスト4には行くのでは?生きている間に、日本優勝は見られるか!?

まったくの当てずっぽうですが
そんな予感がします。

なんとなくベスト4くらいはいくでしょうし、
行かないと・・・ですよね。

そして私の夫も、ケイスケホンダ氏も
本気で日本チームのワールドカップ優勝が
夢でない日がくることを
今は願って過ごしてみようと思います。

スポンサーリンク