さくらももこさんを偲んで・・・「ちびまる子ちゃん」とワタシ。

スポンサーリンク



当時小3のまる子とワタシ。すべては「りぼん」の「赤いリュック」から始まった!

何人かのクラスメイトが持っていた「女の子の赤いリュック」が猛烈気になった!

近所の女のコ。

クラスメイトのあのコ。

何人かの女の子が
同時に持っていた、あの「赤いリュック」が気になる!

ton-ton
1989年の夏、
私は無性にこの「赤いリュック」に
心を奪われたことを、今でも鮮明に覚えています。

「りぼん」というマンガ雑誌を買えばゲットできるらしい!

お友達に遅れること・・・

私は生まれて初めて、雑誌を買いました。

それが集英社から毎月発行っされる「りぼん」。
「200万乙女のための・・」のような
キャッチフレーズも懐かしいですね。

ton-ton
この雑誌の付録ではなく、当時よくあった
「全員プレゼント」なるキャンペーンで、切手を出版社に送って
品物を送ってもらって、この赤いリュックを手に入れました!

バブリーな世の中を「ちびまる子ちゃん」がガチで席巻していた!

テレビ放映化効果で、コミックス完売状態!

どうやら、この「ちびまる子ちゃん」
アニメで放映しているようだ!

・・・そしてそのうち、
気が付けば、大人までもがちびまる子ちゃんを
見るようになっていました。

・・・おかげでコミックは完売状態。

初めて買ったのは「5巻」だった気がします。
売れすぎて、「1巻」から買えなかったのです。

ton-ton
私の父は、ちびまる子ちゃんにめちゃくちゃハマって
毎週、大声で笑っていましたね。

私と父。

まるで、まる子と父ヒロシ、そのものでした。

・・トホホだよ~。

抱腹絶倒!”さくらワールド全開”で、さくらももこのエッセイはベストセラーに。

「もものかんづめ」
「さるのこしかけ」
「たいのおかしら」

持っている方、読んだ方
とても多いことと思います。

私はブームに少し乗り遅れ、
「さるのこしかけ」から読み始めました。

小学生の私でも思わず、大声で笑ってしまう
面白すぎるエッセイでしたね。

また読み返してみようかな。

懐かしのちびまる子ちゃんは、amazonプライムで見られるよ!

ちびまる子ちゃんは、現在も日曜日に放映されていますが、
過去の懐かしいコンテンツが
amazonプライムで見ることができます!

映画も楽しめますよ。「大野君と杉山君」や、「イタリアから来た少年」も!!

年間たった3,900円!amazonプライムで映画見放題♪

2017.03.06

すでに、何本も久しぶりに見ましたが
やはり、めちゃくちゃ面白かったです。

ちびまる子ちゃんと、さくらももこさんは
永遠ですね!

スポンサーリンク